夫婦

植毛を受けて明るい生活取り戻す|悩みもサヨウナラ!

歴史的な背景を知る

髪の毛

人間の身体はとてもうまくできていますが、一方で厄介なことがあります。自分の細胞でなければ拒否反応がおきてしまうので、簡単には移植などができないという問題です。これは自毛で植毛をしようとする人には気になる問題です。しかし、自毛植毛は腕の良い場所で対策を行なえば必ずうまくいく施術です。その内容について知っておきましょう。そもそも、自毛植毛とはどのように生まれて変化してきたものなのか、自毛植毛と人工植毛の違いは何なのかということから知るべきです。人工植毛は素材がポリエステルなので簡単に作ることができ、即座に増毛ができます。しかし、自毛はそうではありません。細胞移植から始まり、それを定着させなければならないのである程度時間はかかってしまうのは当然です。

この自毛植毛は実はアメリカが一番多く行なわれています。ほとんどの人が自毛での施術を行なっていて、自然な仕上がりを得ています。この研究は実に1800年代から行なわれました。皮膚移植によって毛根の細胞も同時に移植できることがわかったため、薄毛を改善したいという人にも採用されるようになったのです。しかし、昔は外科手術自体の研究が進んでいなかったため、実施は限られた層にしか行なわれませんでした。医療の技術が進化した1930年代には日本でも自毛植毛の研究が行なわれました。しかし1940年台に突入すると植毛の研究は戦争によって中断されてしまいます。残念ながら歴史的な背景もあってまだ自毛植毛施術は浸透しきっているとはいえませんが、確実に日本でも腕の良い医師が増えているのです。